幅広く支持されているブランドのキャップでおしゃれに決める

帽子をかぶった男性

キャップのコーディネートの仕方

青色のキャップ

キャップは、服装に合わせることで見た目の個性をアピールすることができます。服装の雰囲気と相性の良いキャップを選ぶことで与える印象を大きく変えられます。スウェットパンツとキャップを上手く組み合わせることで、カジュアルな雰囲気を出すことができます。
また、スウェットパンツとキャップの色を統一すればバランスが良くなります。そのため、着る服の色次第で与える印象が一気に変わります。キャップと服装との色の組み合わせに悩んだら、黒で統一するという方法があります。
黒で統一するので、着丈が長めの明るい色合いのシャツを差し色に使えば、黒による武骨さと明るい色合いによるシャープな雰囲気を同時に出すことができます。ただし、着丈が長めの暗い色合いのシャツを選ぶと、黒の武骨の雰囲気を薄くしてしまいます。
また、キャップは被る以外にもバックに引っ掛けておしゃれ感を出すことができます。被らずにおしゃれの小物として使う際は、ポップな単色カラーを選ぶと全体の雰囲気を明るく出せます。そして、キャップを好きな時に被れるので、日差しが強い時でもすぐに紫外線対策として、キャップを被れるのも強みも言えます。
キャップの色と服装の色を合わせて統一感を出したり、被らずにおしゃれの小物として使うことができるキャップは、服装の雰囲気に合わせることで個性を強調してくれます。